あいする 【愛する】 めづ
あかるい 【明るい】 あかし
あさはかだ 【浅はかだ】 ふつつかなり
あっけない 【呆気無い】 あへなし
あてにする 【当てにする】 たのむ
あやしい 【怪しい】 けしからず
あるきまわる 【歩き回る】 ありく
あわてる 【慌てる】 まどふ
いいかげんだ 【いい加減だ】 おろかなり,なのめなり
いえがら 【家柄】 きは
いがいな 【意外な】 あらぬ
いぜんの 【以前の】 ありし
いちじてきだ 【一時的だ】 かりそめなり
いっそう 【一層】 いとど
いとしい 【愛しい】 あわれなり,かなし,らうたし
いまいましい 【忌々しい】 ねたし
いやしい 【卑しい】 いふかひなし
いやだ 【嫌だ】 いとほし
いやに 【嫌に】 うたて
いように 【異様に】 うたて
いりみだれる 【入り乱れる】 まがふ
うごきまわる 【動き回る】 ありく
うそ 【嘘】 ひがごと
うたがわしい 【疑わしい】 おぼつかなし
うつくしい 【美しい】 うるわし,きよらなり,やさし,らうらうじ
おおげさだ 【大袈裟だ】 こちたし,ところせし
おくゆかしい 【奥ゆかしい】 こころにくし
おさない 【幼い】 いわけなし
おしい 【惜しい】 あたらし
おそろしい 【恐ろしい】 おどろおどろし,かしこし
おだやかだ 【穏やかだ】 おいらかなり
おとる 【劣る】 おくる
おびただしい 【夥しい】 こちたし
おもいがけない 【思い掛けない】 すずろなり
おもう 【思う】 おぼゆ
おもしろくない 【面白くない】 あぢきなし
おろかだ 【愚かだ】 つたなし
おろそかだ 【疑わしい】 おろかなり

かいがない 【甲斐が無い】 あぢきなし
かいふくする 【快復する】 おこたる
かえって 【却って】 なかなか
がくもん 【学問】 ふみ
かしこい 【賢い】 かどかどし
かなでる 【奏でる】 あそぶ
がまんする 【我慢する】 ねんず,あふ,しのぶ
かりそめだ 【かりそめだ】 あからさまなり,はかなし
かわいい 【可愛い】 うつくし,らうたし,あわれなり,いとほし,なつかし,めづらし
かわいさ 【可愛さ】 あいぎゃう
がんこだ 【頑固だ】 かたくななり
かわいそうだ 【可哀想だ】 いとほし,かなし
きおくれする 【気後れする】 おくる
きがかりだ 【気掛かりだ】 うしろめたし,こころもとなし
きがはれない 【気が晴れない】 いぶせし
きめ 【利き目】 しるし
きこえる 【聞こえる】 きこゆ
きざし 【兆し】 けしき,しるし
きたい 【期待】 あらまし
きづく 【気付く】 おどろく
きにくわない 【気に喰わない】 あいなし,こころづきなし
きのどくだ 【気の毒だ】 かたはらいたし,びんなし
きまりがわるい 【決まりが悪い】 はしたなし,かたはらいたし
きみわるい 【気味悪い】 ゆゆし
きみわるく 【気味悪く】 うたて
きめにくい 【決めにくい】 さうなし
きもちわるい 【気持ち悪い】 むつかし
ぎょうぎょうしい 【仰々しい】 おどろおどろし
ぐうぜんに 【偶然に】 おのづから
くだらない 【下らない】 はかなし
ぐちをいう 【愚痴を言う】 かこつ
けいそつだ 【軽率だ】 ふつつかなり
けっして 【決して】 ゆめ,よに
げひんだ 【下品だ】 ふつつかなり
げんだいふうだ 【現代風だ】 いまめかし
こい 【濃い】 こまやかなり
こうきだ 【高貴だ】 あてなり,やむごとなし
ころもとない 【心許ない】 いぶせし
こだわる 【こだわる】 いわけなし
こどもっぽい 【子供っぽい】 いわけなし
このましい 【好ましい】 あらまほし
こまる 【困る】 こうず,びんなし

さしあげる 【差し上げる】 たてまつる
さしつかえる 【差し支える】 さはる
さっきの 【さっきの】 ありつる
さびしい 【寂しい】 さうざうし,つれづれなり,わびし
さます 【覚ます】 おどろく
さまよう 【彷徨う】 あくがる
さらに 【更に】 なほ
さる 【去る】 かる
さわぐ 【騒ぐ】 ののしる
ざんねんだ 【残念だ】 ほいなし
じかん 【時間】 ほど
しきりに 【頻りに】 ここら
じじょう 【事情】 おのづから
しぜんに 【自然に】 おのづから
したう 【慕う】 しのぶ
しだいに 【次第に】 やうやう
したしくない 【親しくない】 うとし
したしみやすい 【親しみやすい】 なつかし
したしむ 【親しむ】 ならふ
じつに 【実に】 げに
しっかりしている 【しっかりしている】 おとなし,さかし,はかばかし
じつようてきだ 【実用的だ】 まめなり
しゃくだ 【癪だ】 ねたし
じゃまになる 【邪魔になる】 さはる
しゅぎょうする 【修行する】 おこなふ
しゅだん 【手段】 よし
じょうがふかい 【情が深い】 こまやかなり
しょうこ 【証拠】 しるし
じょうずだ 【上手だ】 さかし
じょうひんだ 【上品だ】 あてなり,なまめかし ,こまやかなり
じょうぶだ 【丈夫だ】 ふつつかなり
しょもつ 【書物】 ふみ
しらけた 【白けた】 すさまじ
じれったい 【焦れったい】 もどかし
しんがいだ 【心外だ】 めざまし
すぐに 【直ぐに】 やがて
すぐれている 【優れている】 かしこし,はづかし,をかし
すごく 【凄く】 かしこし,せめて,よに
すじがとおらない 【筋が通らない】 あやなし
すばらしい 【素晴らしい】 いみじ,めづらし,めざまし,めでたし,ゆゆし
すべて 【全て】 さながら
せいちょうする 【成長する】 ねぶ
せつめいする 【説明する】 ことわる
せまい 【狭い】 ところせし
ぜんぜん 【全然】 おほかた,よに
ぜんちょう 【前兆】 しるし
そうぞうしい 【騒々しい】 おどろおどろし
そうちょう 【早朝】 つとめて
そのまま 【そのまま】 さながら,やがて
そまつだ 【粗末だ】 あやし,いやし
そまる 【染まる】 にほふ
それでも 【それでも】 さすがなり,なほ
それぞれ 【各々】 おのがじし

たいくつだ 【退屈だ】 つれづれなり
たいせつだ 【大切だ】 やむごとなし
たいそう 【大層】 いと
だいたい 【大体】 おほかた
たいへんだ 【大変だ】 いみじ
たえる 【堪える】 あふ
たくさん 【沢山】 ここら,そこら
ただちに 【直ちに】 すなわち
たやすい 【容易い】 さうなし
たよりない 【頼り無い】 あだなり
たりない 【足りない】 あかず,おろかなり
ついで 【序で】 たより
つかれる 【疲れる】 こうず
つつましい 【慎ましい】 やさし
つまらない 【つまらない】 あぢきなし,あいなし,わびし
つらい 【辛い】 うし,いたし,やさし,わびし
つれない 【つれない】 うし
てがみ 【手紙】 ふみ,せうそこ
ていど 【程度】 きは,ほど
でんごん 【伝言】 せうそこ
どうして 【どうして】 いかで
どうどうとしている 【堂々としている】 ところせし
どうにかして 【どうにかして】 いかで
とぎれる 【途切れる】 おこたる
としをとる 【年を取る】 ねぶ
とつぜん 【突然】 あからさま

ながねん 【長年】 としごろ
なげく 【嘆く】 かこつ
なるほど 【成る程】 げに
なれる 【慣れる】 ならふ
なやましい 【悩ましい】 うし
なやむ 【悩む】 なづむ,まどふ
なんとなく 【何となく】 すずろなり
にあわない 【似合わない】 あいなし
につかわしい 【似つかわしい】 つきづきし
にる 【似る】 おぼゆ
ねこ 【猫】 ねこま

ばあい 【場合】 きは
はえる 【映える】 にほふ
はかない 【儚い】 あだなり
はくじょうだ 【薄情だ】 つらし
はずかしい 【恥ずかしい】 やさし
はっきりしている 【はっきりしている】 しるし
はっきりしない 【はっきりしない】 おぼつかなし,こころもとなし ,はかなし,そこはかとなし
はなはだしい 【甚だしい】 いみじ,ゆゆし,いたし
はなれる 【離れる】 あくがる,かる
はやる 【流行る】 ときめく
ばらす 【ばらす】 あきらむ
はらはらする 【はらはらする】 かたはらいたし
はりあいがない 【張り合いが無い】 あへなし
はんだんする 【判断する】 ことわる
はんぱだ 【半端だ】 はしたなし
はんぱに 【半端に】 なかなか
ひかり 【光】 かげ
ひかれる 【惹かれる】 なつかし,ゆかし
ひどい 【酷い】 いみじ
ひとがら 【人柄】 けはひ
ひどく 【酷く】 あさまし,うたて
ひとのせいにする 【人の所為にする】 かこつ
ひとめをさける 【人目を避ける】 しのぶ
ひまだ 【暇だ】 いたづらなり
ひょうばんされる 【評判される】 きこゆ
ひんかく 【品格】 けはひ
ふしぎだ 【不思議だ】 あやし
ふかいだ 【不快だ】 いぶせし
ふきつだ 【不吉だ】 ゆゆし,いまいまし
ふさわしい 【相応しい】 つきづきし
ふつうだ 【普通だ】 なのめなり,よろし
ふつごうだ 【不都合だ】 あいなし,びんなし,けしからず
ふほんいだ 【不本意だ】 ほいなし
ふまんだ 【不満だ】 あかず
ふゆかいだ 【不愉快だ】 あし
ふりをする 【振りをする】 もてなす
ぶれいだ 【無礼だ】 なめし
ふんいき 【雰囲気】 けはひ
へいきだ 【不吉だ】 つれなし
へただ 【下手だ】 あし
べつの 【別の】 あらぬ
ほど 【程】 きは
ほんとうに 【本当に】 げに,いと

まずしい 【貧しい】 わびし
ますます 【益々】 いとど,うたて
ませる 【ませる】 ねぶ
まだ 【未だ】 なほ
まちどおしい 【待ち遠しい】 こころもとなし
まにあわせだ 【間に合わせだ】 かりそめなり
みぐるしい 【見苦しい】 あし,かたくななり,まさなし
みすぼらしい 【みすぼらしい】 あやし,つたなし,わびし
みっともない 【みっともない】 かたはらいたし
みつめる 【見つめる】 まもる
みぶん 【身分】 きは
むいみだ 【無意味だ】 あやなし
むえきだ 【無益だ】 あぢきなし
むかつく 【むかつく】 いまいまし,あいなし
むかんしんだ 【無関心だ】 うとし
むだだ 【無駄だ】 いたづらなり
むなしい 【空しい】 いたづらなり
むやみに 【無闇に】 あいなく
むりだ 【無理だ】 わりなし
むりやり 【無理矢理】 あながち,せめて
めしあがる 【召し上がる】 たてまつる
めずらしい 【珍しい】 ありがたし
めんどうくさい 【面倒臭い】 むつかし
もうしあげる 【申し上げる】 きこゆ
もじ 【文字】 て
もどかしい 【もどかしい】 おぼつかなし
ものたりない 【物足りない】 あかず,さうざうし,ほいなし

やっと 【やっと】 やうやう
やはり 【矢張り】 なほ
やましい 【疾しい】 うしろめたし
ゆうめいな 【有名な】 おとにきく
よあけ 【夜明け】 あかつき
よういする 【用意する】 したたむ
ようす 【様子】 けしき,あらまし,けはひ
よそうどおりだ 【予想通りだ】 しるし
よてい 【予定】 あらまし
よわる 【弱る】 こうず

りそうてきだ 【理想的だ】 あらまほし
りっぱだ 【立派だ】 いたし,うつくし,めでたし,あたらし
りゆう 【理由】 よし
れいげん 【霊験】 しるし

わけがわからない 【訳が分からない】 あやなし
わけもなく 【訳も無く】 すずろなり
わずらわしい 【煩わしい】 うし
わたし 【私】 われ
わたしの 【私の】 わが,あが
わるい 【悪い】 あし

関連:
現代文を古文にするスクリプト
現代語から古語を引く辞典

もどる