小倉百人一首

番号 詠み人 属性 要約
1 秋の田の かりほの庵の 苫をあらみ わが衣手は 露にぬれつつ 天智天皇 湿気た仮庵
2 春過ぎて 夏来にけらし 白妙の 衣干すてふ 天の香具山 持統天皇 洗濯日和だ
3 あしびきの 山鳥の尾の しだり尾の ながながし夜を 独りかも寝む 柿本人麻呂 ひとり夜長
4 田子の浦に うち出でて見れば 白妙の 富士の高嶺に 雪は降りつつ 山部赤人 遥か銀世界
5 奥山に 紅葉踏み分け 鳴く鹿の 声聞く時ぞ 秋は悲しき 猿丸大夫 ああ秋だな
6 鵲の 渡せる橋に 置く霜の 白きを見れば 夜ぞ更けにける 中納言家持 夜は寒いな
7 天の原 ふりさけ見れば 春日なる 三笠の山に 出でし月かも 阿部仲麻呂 故郷の月だ
8 わが庵は 都の辰巳 しかぞすむ 世をうぢ山と 人はいふなり 喜撰法師 坊主 住めば都よ
9 花の色は うつりにけりな いたづらに わが身世にふる ながめせしまに 小野小町 果無い花盛
10 これやこの 行くも帰るも 別れては 知るも知らぬも 逢坂の関 蝉丸 坊主 旅はいいな
11 わたの原 八十島かけて 漕ぎ出でぬと 人には告げよ 海人の釣り舟 参議篁 旅に出ます
12 天つ風 雲の通ひ路 吹きとぢよ 乙女の姿 しばしとどめむ 僧正遍昭 坊主 アンコール
13 筑波嶺の 峰より落つる みなの川 恋ぞ積もりて 淵となりぬる 陽成院 溜ってる恋
14 陸奥の しのぶもぢずり 誰ゆゑに 乱れそめにし 我ならなくに 河原左大臣 サイケな心
15 君がため 春の野に出でて 若菜摘む 我が衣手に 雪は降りつつ 光孝天皇 君に春の便
16 立ち別れ いなばの山の 峰に生ふる まつとしきかば 今帰り来む 中納言行平 言えば帰る
17 ちはやぶる 神代も聞かず 竜田川 からくれなゐに 水くくるとは 在原業平朝臣 空前の紅葉
18 住の江の 岸による波 よるさへや 夢の通ひ路 人目よくらむ 藤原敏行朝臣 夜中に来い
19 難波潟 短き蘆の ふしの間も 逢はでこの世を 過ぐしてよとや 伊勢 偶には来い
20 わびぬれば 今はた同じ 難波なる みをつくしても 逢はむとぞ思ふ 元良親王 捨身の逢瀬
21 今来むと いひしばかりに 長月の 有明けの月を 待ち出でつるかな 素性法師 坊主 この嘘つき
22 吹くからに 秋の草木の しをるれば むべ山風を 嵐といふらむ 文屋康秀 嵐が荒した
23 月見れば ちぢにものこそ 悲しけれ わが身ひとつの 秋にはあらねど 大江千里 哀愁の月見
24 このたびは 幣も取りあへず 手向山 紅葉の錦 神のまにまに 菅家 拾い物です
25 名にし負はば 逢坂山の さねかづら 人に知られで くるよしもがな 三条右大臣 密会を企む
26 小倉山 峰のもみぢ葉 心あらば 今ひとたびの みゆき待たなむ 貞信公 散るな紅葉
27 みかの原 わきて流るる いづみ川 いつ見きとてか 恋しかるらむ 中納言兼輔 未見の恋心
28 山里は 冬ぞさびしさ まさりける 人目も草も かれぬと思へば 源宗于朝臣 何も無い冬
29 心あてに 折らばや折らむ 初霜の おきまどはせる 白菊の花 凡河内躬恒 白即ち折る
30 ありあけの つれなく見えし 別れより 暁ばかり 憂きものはなし 壬生忠岑 淡白な人だ
31 朝ぼらけ ありあけの月と 見るまでに 吉野の里に 降れる白雪 坂上是則 降り積る月
32 山川に 風のかけたる しがらみは 流れもあへぬ もみぢなりけり 春道列樹 紅葉のダム
33 ひさかたの 光のどけき 春の日に しづ心なく 花の散るらむ 紀友則 桜散るの早
34 誰をかも 知る人にせむ 高砂の 松も昔の 友ならなくに 藤原興風 死に遅れた
35 人はいさ 心も知らず ふるさとは 花ぞ昔の 香ににほひける 紀貫之 花は変らず
36 夏の夜は まだ宵ながら 明けぬるを 雲のいづこに 月宿るらむ 清原深養父 月隠す東雲
37 白露に 風の吹きしく 秋の野は つらぬきとめぬ 玉ぞ散りける 文屋朝康 風に舞う露
38 忘らるる 身をば思はず 誓ひてし 人の命の 惜しくもあるかな 右近 貴方死ぬよ
39 浅茅生の 小野の篠原 忍ぶれど あまりてなどか 人の恋しき 参議等 手に余る恋
40 忍ぶれど 色に出でにけり わが恋は 物や思ふど 人の問ふまで 平兼盛 顔に出た恋
41 恋すてふ わが名はまだき 立ちにけり 人知れずこそ 思ひそめしか 壬生忠見 恋が即バレ
42 契りきな かたみに袖を しぼりつつ 末の松山 波越さじとは 清原元輔 幻のなみだ
43 逢ひ見ての のちの心に くらぶれば 昔は物を 思はざりけり 権中納言敦忠 以来悶え中
44 逢ふことの 絶へてしなくは なかなかに 人をも身をも 恨みざらまし 中納言朝忠 半端な憐み
45 あはれとも いふべき人は 思ほえで 身のいたづらに なりぬべきかな 謙徳公 もう死のう
46 由良のとを 渡る舟人 かぢを絶え ゆくへも知らぬ 恋の道かな 曾禰好忠 恋の遭難者
47 八重むぐら 茂れる宿の さびしきに 人こそ見えね 秋は来にけり 恵慶法師 坊主 人来ない秋
48 風をいたみ 岩うつ波の おのれのみ くだけて物を 思ふころかな 源重之 俺だけ消沈
49 みかきもり 衛士のたく火の 夜は燃え 昼は消えつつ 物をこそ思へ 大中臣能宣朝臣 夜行性の俺
50 君がため 惜しからざりし 命さへ 長くもがなと 思ひけるかな 藤原義孝 死ぬの中止
51 かくとだに えやはいぶきの さしも草 さしも知らじな もゆる思ひを 藤原実方朝臣 言い難い恋
52 明けぬれば 暮るるものとは 知りながら なほうらめしき 朝ぼらけかな 藤原道信朝臣 夜が恋しい
53 嘆きつつ ひとり寝る夜の 明くるまは いかに久しき ものとかは知る 右大将道綱母 朝まで独り
54 忘れじの 行く末までは かたければ 今日をかぎりの 命ともがな 儀同三司母 今一番幸せ
55 滝の音は 絶えて久しく なりぬれど 名こそ流れて なほ聞こえけれ 大納言公任 伝説の名瀑
56 あらざらむ この世のほかの 思ひ出に 今ひとたびの 逢ふこともがな 和泉式部 また来てね
57 めぐりあひて 見しやそれとも 分かぬまに 雲がくれにし 夜半の月かな 紫式部 もう帰るの
58 ありま山 猪名の笹原 風吹けば いでそよ人を 忘れやはする 大弐三位 忘れるかよ
59 やすらはで 寝なましものを さ夜更けて かたぶくまでの 月を見しかな 赤染衛門 連絡しろよ
60 大江山 いく野の道の 遠ければ まだふみも見ず 天の橋立 小式部内侍 不正は無い
61 いにしへの 奈良の都の 八重桜 けふ九重に にほひぬるかな 伊勢大輔 きょう最高
62 夜をこめて 鳥のそらねは はかるとも よに逢坂の 関は許さじ 清少納言 拙い鶏鳴ね
63 今はただ 思ひ絶えなむ とばかりを 人づてならで 言ふよしもがな 左京大夫道雅 挨拶だけは
64 朝ぼらけ 宇治の川霧 たえだえに あらはれわたる 瀬々の網代木 権中納言定頼 霧が晴れた
65 恨みわび ほさぬ袖だに あるものを 恋に朽ちなむ 名こそ惜しけれ 相模 名誉の問題
66 もろともに あはれと思へ 山桜 花よりほかに 知る人もなし 前大僧正行尊 坊主 桜だけが友
67 春の夜の 夢ばかりなる 手枕に かひなく立たむ 名こそ惜しけれ 周防内侍 遠慮します
68 心にも あらでうき世に ながらへば 恋しかるべき 夜半の月かな 三条院 逆境も人生
69 あらし吹く 三室の山の もみじ葉は 竜田の川の 錦なりけり 能因法師 坊主 紅葉運ぶ川
70 さびしさに 宿を立ち出でて ながむれば いづこも同じ 秋の夕暮れ 良暹法師 坊主 黄昏の両隣
71 夕されば 門田の稲葉 おとづれて 葦のまろやに 秋風ぞ吹く 大納言経信 田舎の秋風
72 音にきく たかしの浜の あだ波は かけじや袖の ぬれもこそすれ 裕子内親王家紀伊 お断りする
73 高砂の 尾上の桜 咲きにけり 外山の霞 立たずもあらなむ 前中納言匡房 霞空気読め
74 憂かりける 人を初瀬の 山おろしよ はげしかれとは 祈らぬものを 源俊頼朝臣 祈りが仇に
75 契りおきし させもが露を 命にて あはれ今年の 秋もいぬめり 藤原基俊 約束が違う
76 わたの原 こぎいでて見れば 久方の 雲ゐにまがふ 沖つ白波 法性寺入道前関白太政大臣 何か白い奴
77 瀬をはやみ 岩にせかるる 滝川の われても末に あはむとぞ思ふ 祟徳院 また逢おう
78 淡路島 かよふ千鳥の 鳴く声に いく夜寝ざめぬ 須磨の関守 源兼昌 鳥うるさい
79 秋風に たなびく雲の 絶え間より もれ出づる月の 影のさやけさ 左京大夫顕輔 秋の月チラ
80 長からむ 心も知らず 黒髪の 乱れてけさは 物をこそ思へ 待賢門院堀河 浮気すんな
81 ほととぎす 鳴きつる方を ながむれば ただありあけの 月ぞ残れる 後徳大寺左大臣 鳥見逃した
82 思いわび さても命は あるものを 憂きにたへぬは 涙なりけり 道因法師 坊主 なぜか涙が
83 世の中よ 道こそなけれ 思ひ入る 山の奥にも 鹿ぞ鳴くなる 皇太后宮大夫俊成 鹿すら悩む
84 ながらへば またこのごろや しのばれむ 憂しと見し世ぞ 今は恋しき 藤原清輔朝臣 思い出補正
85 夜もすがら 物思ふころは 明けやらで 閨のひまさへ つれなかりけり 俊恵法師 坊主 皆冷たいな
86 嘆けとて 月やは物を 思はする かこち顔なる わが涙かな 西行法師 坊主 月のせいか
87 村雨の 露もまだひぬ まきの葉に 霧たちのぼる 秋の夕暮れ 寂蓮法師 坊主 湿っぽい秋
88 難波江の 葦のかりねの ひとよゆゑ みをつくしてや 恋ひわたるべき 皇嘉門院別当 旅先での恋
89 玉の緒よ 絶えなば絶えね ながらへば 忍ぶることの 弱りもぞする 式子内親王 つらい死ぬ
90 見せばやな 雄島のあまの 袖だにも ぬれにぞぬれし 色はかはらず 殷富門院大輔 涙で服変色
91 きりぎりす 鳴くや霜夜の さむしろに 衣かたしき ひとりかも寝む 後京極摂政前太政大臣 寒い中独り
92 わが袖は 潮干に見えぬ 沖の石の 石こそ知らね かわく間もなし 二条院讃岐 泣きどおし
93 世の中は 常にもがもな 渚こぐ あまの小舟の 綱手かなしも 鎌倉右大臣 のどかだね
94 み吉野の 山の秋風 さ夜ふけて ふるさと寒く 衣うつなり 参議雅経 寂しい旧都
95 おほけなく うき世の民に おほふかな わが立つ杣に すみぞめの袖 前大僧正慈円 坊主 俺が救世主
96 花さそふ 嵐の庭の 雪ならで ふりゆくものは わが身なりけり 入道前太政大臣 老けたなあ
97 来ぬ人を まつほの浦の 夕なぎに 焼くや藻塩の 身もこがれつつ 権中納言定家 来ないなあ
98 風そよぐ ならの小川の 夕暮れは みそぎぞ夏の しるしなりける 従二位家隆 夏が終わる
99 人もをし 人もうらめし あぢきなく 世を思ふゆゑに 物思ふ身は 後鳥羽院 色々悩むよ
100 ももしきや 古き軒端の しのぶにも なほあまりある 昔なりけり 順徳院 古きを偲ぶ